読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GMO ConoHa を使ってみる(1) サインアップから API Token 発行まで

www.conoha.jp
5 月にリニューアルされた GMO ConoHa を使ってみました。
OpenStack API 互換だったり時間課金があったりと、VPS というよりは Iaas なクラウドに近い感じです。

サインアップ

アカウント作成

  • https://www.conoha.jp/ にアクセスし、[ お申込み ] をクリック
  • [ メールアドレス ] と [ パスワード ] を入力して、アカウント登録
  • 登録した [ メールアドレス ] と [ パスワード ] でコントロールパネルにログイン

認証・ユーザ情報・支払情報入力

  • [ 電話認証 ] か [ SMS認証 ] で本人確認を行う
    • 電話認証だと、イメージキャラクタである美雲このはから電話がかかってきます*1
  • [ お客様情報 ] 入力
  • [ 支払方法 ] 入力

その他設定

  • アカウント設定から [ 言語設定 ] と [ モード設定 ] を変更します*2
    • 言語設定 : English
    • モード設定 : ConoHa Mode

API 設定

API 設定を行い、API 認証に使用するトークンを取得できるようにします。

  • コントロールパネルにログインし、[ API ] をクリック
  • API User 追加
    • API User 用 Password を入力

トークン取得

トークン取得に必要な情報は以下のものです。

curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-d '{"auth":{"passwordCredentials":{"username":"%username%","password":"%apipass%"},"tenantId":"%tenantid%"}}' \
https://identity.tyo1.conoha.io/v2.0/tokens | tail -n 1 | jq -r '.'

JSON 形式でレスポンスがくるので、jq とかあると楽です。

*1:もちろん電話認証しました!

*2:この辺はお好みで