読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vagrant で仮想マシンを構築する(1) Vagrant インストールから Vagrant Share での仮想マシン公開

vagrant development virtualization virtualbox linux ubuntu macintosh

Vagrant 1.5 以降に対応したインストール、設定メモです。
Vagrant 1.5 から Vagrant Cloud や Vagrant Share が使えるようになったので、そのあたりも書いていこうと思います。
ホストマシンは Mac OS X です。

環境構築(VirtualBox, Vagrant のインストール)

1. VirtualBox のインストール

    • VirtualBox から最新バージョンをダウンロードして、インストールします

2. Vagrant のインストール

    • Vagrant から最新バージョンをダウンロードして、インストールします

仮想マシンの起動と SSH ログイン

1. 作業用ディレクトリを作成して、vagrant init と vagrant up を実行します。今回は Ubuntu 14.04 LTS な仮想マシンを起動します。

$ mkdir -p vagrant_example  
$ cd vagrant_example  
$ vagrant init ubuntu/trusty64  
$ vagrant up

2. 仮想マシンSSH ログインします。

$ vagrant ssh

仮想マシンの操作コマンド

$ vagrant status
$ vagrant ssh
$ vagrant halt
$ vagrant up
$ vagrant suspend
$ vagrant up
$ vagrant reload
$ vagrant destroy

仮想マシンのネットワークと共有フォルダ設定

以下の設定を追加します。

  • HTTP 通信のポートフォワード
  • ホスト側のディレクトリ vagrant_example/data を仮想マシン /home/vagrant/data にマウント
$ mkdir data
$ vi Vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8888     <- 追記
  config.vm.synced_folder "./data", "/home/vagrant/data"     <- 追記
end
$ vagrant reload

Web サーバの起動

仮想マシンで Web サーバを起動します。

@local host
$ cd vagrant_example/data
$ vi index.html
Hello, Vagrant!

@virtual host
$ cd /home/vagrant/data
$ $ sudo python -m SimpleHTTPServer 80

ホストのブラウザで、http://localhost:8888/index.html へアクセスします。

Vagrant Share で Web サーバを公開

Vagrant 1.5 から使えるようになった Vagrant Share で Web サーバを公開します。

Vagrant Share とは

Vagrant Share allows you to share your Vagrant environment with anyone in the world

インターネットから仮想マシンへアクセスできる機能です。

Vagrant Share を使ってみる

Vagrant Share の使用には Vagrant Cloud へのアカウント作成が必要です。
1. Vagrant Cloud アカウント作成

2. vagrant login

$ vagrant login
In a moment we will ask for your username and password to HashiCorp's Atlas. 
After authenticating, we will store an access token locally on disk. 
Your login details will be transmitted over a secure connection, and are never stored on disk locally.

If you do not have an Atlas account, sign up at
https://atlas.hashicorp.com.

Atlas Username:                <- Vagrant Cloud に登録したユーザ名
Password (will be hidden):               <- Vagrant Cloud に登録したパスワード
You are now logged in. 

3. vagrant share

$ vagrant share
.....
==> default: Your Vagrant Share is running! Name: gigantic-blizzard-5997
==> default: URL: http://gigantic-blizzard-5997.vagrantshare.com
==> default:
==> default: You're sharing your Vagrant machine in "restricted" mode. This 
==> default: means that only the ports listed above will be accessible by
==> default: other users (either via the web URL or using `vagrant connect`).

vagrant share コマンド実行時に最後の方に表示される URL(上記の場合だと、http://gigantic-blizzard-5997.vagrantshare.com) にアクセスすると、仮想マシンで起動した Web サーバにアクセスできます。
URL は、vagrant share 実行毎に変わります。

まとめ

Vagrant Share、非常に便利です。
vagrantshare.com なサーバへアクセスに行くので若干レイテンシがありますが、動作確認やデモとかに使用する程度だと思うので問題ないと思いました。

Vagrant