読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon EC2 API Tools を設定しました #aws #mavericks

macintosh iaas java aws

AWS の無料利用枠使っていないなぁ、、、と思ったので、Amazon EC2 API Tools を設定しました。
最近だと、AWS CLI なんだろうけど、初心を忘れないってことで EC2 API Tools にしました。
ec2-xxx コマンドなやつです。

Java のインストール

EC2 API Tools は Java を使うのでインストールしてください。

$ java -version
java version “1.6.0_65”
Java™ SE Runtime Environment (build 1.6.0_65-b14-462-11M4609)
Java HotSpot™ 64-Bit Server VM (build 20.65-b04-462, mixed mode)

訳あって Java 6 系を使っていますが、7 系でも大丈夫だと思います。

Amazon EC2 API Tools のダウンロード

以下のサイトからファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍します。*1
解凍してできたファイルを適当なパスに置き、シンボリックリンクを作成します。*2

$ mkdir -p ~/work/opt/local/aws
$ mv ~/Downloads/ec2-api-tools-1.6.12.0 ~/work/opt/local/aws/
$ cd ~/work/opt/local/aws
$ ln -s ec2-api-tools-1.6.12.0 ec2-api-tools

公開鍵/秘密鍵、アクセスキー/シークレットキーの取得

AWS マネージメントコンソールにログインして、Security Credentials から X.509 Certificates と Access Keys を作成します。
適当なディレクトリ(~/work/opt/local/aws/keys)に鍵とか置きます。

環境設定

Java とか EC2 API Tools とか鍵のパスを通します。

(.bash_profile)
export JAVA_HOME=/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home
export EC2_HOME=~/work/opt/local/aws/ec2-api-tools
export EC2_PRIVATE_KEY=~/work/opt/local/aws/keys/pk-hogehoge.pem
export EC2_CERT=~/work/opt/local/aws/keys/cert-hogehoge.pem
export EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
export AWS_ACCESS_KEY=hogehoge
export AWS_SECRET_KEY=fugafuga
export PATH=$PATH:$EC2_HOME/bin
$ . .bash_profile

動作確認

$ ec2-version 
1.6.12.0 2013-10-15
$ ec2-describe-regions 
REGION	eu-west-1	ec2.eu-west-1.amazonaws.com
REGION	sa-east-1	ec2.sa-east-1.amazonaws.com
REGION	us-east-1	ec2.us-east-1.amazonaws.com
REGION	ap-northeast-1	ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
REGION	us-west-2	ec2.us-west-2.amazonaws.com
REGION	us-west-1	ec2.us-west-1.amazonaws.com
REGION	ap-southeast-1	ec2.ap-southeast-1.amazonaws.com
REGION	ap-southeast-2	ec2.ap-southeast-2.amazonaws.com

API Tools のバージョンや利用可能なリージョンが表示されます。

*1:ec2-api-tools-%version% なディレクトリができます

*2:シンボリックリンクはお好みで